トイレが詰まってしまったら【トイレ詰まりnavi】にお任せ下さい!

会社概要

電話受付 24時間365日 ご相談無料 フリーダイヤル0800-805-7771

トイレで節水

私たちの生活に欠かすことの出来ない場所のひとつであるトイレは、実は炊事やお風呂よりも多くの水が必要となりますので、少ない水量で洗浄することができる最新式の節水トイレに交換するだけで、節水をすることができます。トイレは規格ごとに流すのに必要な水量が決まっているので、節水効果を求めるのであれば規格をご確認ください。

従来型のトイレの場合は1回(大)を流すときに必要となる水の量は13リットルで、ペットボトルに換算すると約6.5本分になるのですが、最新式のトイレでは1回(大)流す時に必要となる水の量は4リットル、ペットボトル換算2本分になり、従来型のトイレと最新式のトイレの水を比べると、2日間でお風呂1杯分の約180リットルもの水の使用量を減少させることができます。

【二度流しの予防対策】

トイレ用擬音装置が設置していないときには、水を二度流して音消しを行うのですが二度流しをすると 一回につき約6~13リットルぐらいの水が無駄に流れることになってしまいます。携帯型の擬音機は、女性の手の中に納まるぐらいのコンパクトなサイズの物が多いので無理なく持ち歩け、トイレ用擬音装置が設置されていないトイレに入ったときでも困惑することなく使用することができるので大変便利です。

トイレ詰まりなど水に関するトラブルなら【トイレ詰まりnavi】にご相談!

スタッフ待機中!