トイレが詰まってしまったら【トイレ詰まりnavi】にお任せ下さい!

会社概要

電話受付 24時間365日 ご相談無料 フリーダイヤル0800-805-7771

してはいけないこと

「トイレの節水」と言うと、トイレのタンクにペットボトルやレンガなどを入れて水の量をかさましすることで使用する水の量を少なくすることを想像する方が多いと思います。

トイレのタンクの中には水を流すための様々な部品が入っているため、物を入れると故障や不具合の原因となってしまいます。

起こりやすい故障や不具合は
・トイレタンク内のチェーンに物が引っかかってしまい水が流れなかったり止まらなくなる
・タンクの中に硬いものを入れたことによって、トイレタンクにヒビがはいったり割れる
・トイレタンクの中に入れた物が排水器具の部品の動作を阻害する
・物をタンク内に入れることによって、本来ならば得られるはずの水量が得られないので、排水不良を起こしたり、雑菌がわいて悪臭の原因となります

この他にも必要な水量を維持することができなくなるので、下水道の中で詰まりが起こって水が逆流する可能性があるので十分な注意が必要です。

実際に使用水量が減るので「節水」に間違いはないのですが、トイレの水量は意味があって定められているものなのでトイレの詰まりを起こさないためにも、トイレの水の節水は「大」「小」の使いわけに留めて正しい水量を維持してください。

トイレ詰まりなど水に関するトラブルなら【トイレ詰まりnavi】にご相談!

スタッフ待機中!